富士通直販 WEB MART:FMV-DESKPOWER Fシリーズのタッチ機能を快適に [BTO]

Windows 7が登場してタッチ機能が注目されつつありますが、まだまだ対応している機種が少ないのも現状です。そんな中国産メーカー系で唯一といってもいいコンシューマー向けの「タッチ機能対応パソコン」を出しているのが富士通です。

タッチ機能対応機種はデスクトップの「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」とノートブックの「FMV-BIBLO MTシリーズ」がありますが、今回はデスクトップの「FMV-DESKPOWER Fシリーズ」でタッチ機能を快適にできるパソコンを作ってみたいと思います。

ベースにするのは、23型ワイドスーパーファインVX液晶を搭載している「FMV-DESKPOWER F/E90N, E87N カスタムメイド」モデルで行きます・・・90と87の違いがいくら見てもわからなかった。富士通はラインナップがわかりにくいのが良くないですね。

そんなことはともかくカスタマイズしてみます。

2GB
スペック構成変更後
OSWindows(R) 7 Home Premium 32ビット
CPUインテル(R) Core(TM)2 Duo プロセッサー P8700 (2.53GHz)
メモリ4GB
HDD500GB1TB
光学ドライブスーパーマルチドライブBlue-ray Discドライブ
TV機能地上・BS・110度CSデジタル (ハイビジョン録画対応/AVCREC対応) 変更なし
Webカメラ内蔵
本体カラーお好みで
保証期間3年間 (通常保証1年間+延長保証2年間)

こんな感じですね。

OSとCPUがアップグレードできないのが残念ですけど、過不足はないですからこのままで周辺をアップグレードしてパワーアップさせています。

ポイントはBlue-ray Discドライブで、タッチ機能には明らかに関係ないパーツなんですけどこれは今後タッチ機能対応のソフトウェアがBlue-rayで出てくる可能性を考慮して選択しています。

・・・多分だいぶ先か下手をするとDVDもしくはネット配信みたいな感じで終わることもありえるので、Blue-rayが不要だと思えば外してもいいと思います(ここで15,000円違ってきます)。


そんなこんなで総トータルで「201,800円(税込・送料別)」となりました。

3年間の保守が基本になっているのは日本のメーカーらしい心配りですが、トータルで200,000円を超えると高く感じてしまいますね(Blue-rayを抜くと185,800円なので、なしが狙い目かな)。


FMV-DESKPOWER Fシリーズを購入するなら

カスタマイズもできる富士通直販 WEB MARTでどうぞ。


注意事項

本文中の情報は2009年11月5日時点のものになります。
購入のタイミングによっては、パーツの変更および価格改定があるかもしれないので、確認を忘れないようにしてください。

富士通直販 WEB MARTの製品についてのエントリー一覧