Lenovo:ThinkPad X200sにウルトラベース+DVDドライブ搭載 [BTO]

ThinkPad X200sはLenovoの中でも最軽量(約1.1kg)のモバイルマシンですが、軽量を追及したために光学ドライブがつかないいわゆる「ゼロスピンドルモデル」になってしまっています。

確かに通常の使用ではCD/DVDの使用頻度は下がっていますが、ソフトウェアのインストールやデータ共有で光学ドライブが必要になることが数多くあることも確かです。

そこで今回は、LenovoのオプションにウルトラベースをつけてDVDドライブを追加できるようなカスタマイズを行ってみました。


って、なんか頑張った感じに書いていますが、実はこの記事を書いている2009年11月12日時点では、Lenovoの公式ページでは「【50台限定 エクストリームバリューパッケージ】ウルトラベース、DVDスーパーマルチ、さらに3年拡張保守、追加バッテリーが付いたハイバリューパッケージ」という形でウルトラベース+DVDドライブ搭載モデルが掲載されています。

OSはWindows 7 Home Premium 32だし、CPUはインテル Core2 Duo プロセッサー SU9600、メモリも4GBと必要十分なので、Lenovo推奨モデルそのままを見てみます。

OSWindows 7 Home Premium (32bit)
CPUインテル Core2 Duo プロセッサー SU9600
メモリ4GB
グラフィックIntel グラフィックス・メディア・アクセラレーター X4500
HDD320GB
ウルトラベイ・スリム オプションThinkPad ウルトラベース X200
光学ドライブDVDスーパーマルチ(2層)
質量約 1.18 kg
追加バッテリーThinkPad X200 4セルバッテリー
保守ThinkPad 3年間 拡張引取り修理サービス

ちなみに、ウルトラベースは単体で約740gあるので、普段持ち歩くにはちょっとしんどいですから自宅or会社に置きっぱなしにて、デスクで使うのがベターだと思います。

保証の拡張と追加バッテリーは結構嬉しい設定ですね。

で、、これだけ追加された状態で164,840円となっていますから、結構お買い得なパッケージだと思います。

ThinkPad X200sを購入するなら

お得なパッケージモデルもあるLenovo公式サイトでどうぞ。

注意事項

本文中の情報は2009年11月12日時点のものになります。
購入のタイミングによっては、パーツの変更および価格改定があるかもしれないので、確認を忘れないようにしてください。

Lenovoの製品についてのエントリー一覧